イククル評価

イククルはサイトができて16年目を迎える出会い系サイトでは老舗といわれるサイトです。会員数も800万人規模なので、出会い系の中でも会員数は最大級ということができます。イククルは出会い系の中でも広告に非常に力を入れている企業であるといえます。すぐに登録につながりやすいインターネット広告はもちろんですが、街中の看板広告や、トラック広告などを目にしたこともある人は多いのではないでしょうか。

イククルのサイトデザインを見ればわかるように、どちらかというと20代30代を意識したサイトになっていますが、会員数の規模が非常に大きいので、登録についての年齢幅は男女ともに非常に広くなっています。また、イククルの特徴としては写メコンなど、独自のイベントに力を入れていることです。他の出会い掲載でも似たようなコンテスト行っていますが、参加人数や賞金など、トータル面でみてみるとイククルを上回るコンテストを実施しているサイトはありません。利用についても女性は当然ながら他のサイトと同様に完全無料となっています。男性は各サービスを利用するごとにポイントがかかります。女性のプロフィールを見ただけで1ポイント(10円相当)かかってしまうのが非常にネックとなりますが、それ以外にかかるポイントは他のサイトと同様か、あるいはそれよりポイントがかからない形になっているので、男性の財布にも優しい出会い系サイトと言うことができます。ポイントは初回登録時に100ポイントの無料ポイントが付与されます(年齢確認後の30ポイント含む)。また、友達紹介キャンペーンで、自分の紹介で入会するなら自分に300ポイント、紹介された人にも100ポイントが付与されます。それ以外にも様々なポイントがお得になるキャンペーンを随時実施しているので、見逃さないようにすることで上手に遊ぶことができます。

イククルは出会い系サイトの中でも総合的に見ても非常に評価の高いサイトであるといえます。そのためどんな人でも楽しむことができるサイトになっていますが、サイト全体の登録者が多いため、男性の視点からするとライバルになる同性の数が非常に多いということも現実です。サイト内で人気のある女性への競争率は非常に高いことが想定されます。あきらめが早い人には厳しい現実がありますが、逆にあきらめずにコツコツと女性を探すことができる人は、女性の登録者も多いですから、自分の探していた人に出会える可能性は高いといえます。

pcmax、ハッピーメール、イククルを比較

出会い系の3大サイトといえば、PCMAX,ハッピーメール、イククルといっても過言ではないでしょう。この3つのサイトに共通しているのは、会員数が男女ともに非常に多く、且つ広告宣伝も常に積極的に行っているので、新規の登録者を常に確保していることがあげられます。

料金比較をすると、ハッピーメールがやや一歩前に出ていると言えます。その理由は、女性のプロフィール閲覧が無料であることにあります。Pcmaxもイククルも女性のプロフィール閲覧にはそれぞれポイントがかかってしまいます(10円相当)。ちりも積もれば山となるで、女性のプロフィールを閲覧しただけで、大きくいポイントを消費してしまうこともあります。また、ハッピーメールの場合は無料なので、落ち着いて自分に合った女性を探すことできるメリットがあります。それ以外の料金体系は、各サイトで若干異なるところはあるものの、メールを送たり、相手の写真を見たりするなどの基本的なことについては、各サイトほぼ同額の料金体系となっています。

機能比較でみると、3サイトともに大きく変わることはありません。女性のログイン情報など、細かいプロフィールがわかるというところではpcmaxがおすすめです。

ユーザー層で見ると、3サイトは登録者が非常に多いので、登録年齢もほぼ均等になっており、エリアについても地方でもそれなりの登録者を確保しています。ただ、その中でもpcmaxやイククルはサイトの雰囲気を見ても分かるように、10代から20代の若年堂の登録が多いです。特にpcmaxはアダルトな出会いを求めている人が他のサイトよりも多いといわれています。ハッピーメールは老舗サイトの落ち着きさがあるためか、30代40代の会員数も非常に多いというのが特徴です。自分の希望する年齢に合わせて、どこのサイトに登録するか考えるのはいい方法です。

イベントについては、3つのサイトが共通に行っているのは写メコンテストです。その中でもイククルは、賞金や賞品がとても充実しており、その流れから他のサイトよりも参加者が多く盛り上がるコンテストとなっています。またリアルでの婚活パーティーをイククルとハッピーメールは実施しています。サイトで出会うことが難しかったとしても、婚活パーティーでリアルな出会いを求めることも可能です。イベントについても各サイトともに趣向を凝らしたものを行っており、イベントは女性とコンタクトを取りやすい場所にもなるので、積極的な参加を検討することをお勧めします。